2003/4/21〜2004/4/19
Back Number

2004/4/19

舗装練習中。
いつもの峠に舗装練習に通っています。練習で使っているSタイヤが減ってきたのでラリータイヤに換えました。Sタイヤよりどのくらい遅いのか興味津々。ところがほとんどタイムに変わりなし…。Sタイヤもボーズだったせいかもしれないけれど、どういうことだろう…?Sタイヤをもっと使いこなせということか?まぁタイヤはなんでも、4本ついていればよいということでしょう。
しかし驚きました。以外とグリップするんだな〜、最近のラリータイヤって。


2004/4/1

初舗装。
いつもの峠に今年初の舗装練習に行きました。リストリクターの影響でパワーダウンし、タイヤサイズも255から225へと細くなりタイムダウンは必至かと思いましたが、3本目の走行で昨年のタイムを更新できました。う〜ん、なかなか調子は良好。でも昨年の仕様に合わせた走りで低めのギアで引っ張るのはダメみたい。高めのギアで進入して、コーナリング速度を上げないとタイムがでないことがわかりました。本日の収穫大!


2004/3/30
完成!

XLR250R。
うちに昔から来て頂いている渥美さんにXLR250Rをいただきました。約15年前のモデルですが保存状態もよく、ホコリを落として磨いたらきれいになりました。しかしキャブには腐ったガソリンが方々に詰まっていて、安定するまで3回程ばらしました。ブレーキもフルードのカスが詰まっていてオーバーホール。何せ私はメカ音痴!整備解説書を購入し悪戦苦闘…。でも車と違ってけっこういじれるものですね。とっても快調にエンジンまわっています。本日シェイクダウンでしたが、DTより相当パワーあるな〜。1/1スケールのプラモみたいで楽しかったです。ほ〜自分にレストアの才能があったとは…。(うそウソ!)


2004/3/30

・・・。
いや〜よく見ると全然更新してなかったのですね〜。この冬全然走っていなかったと思っている方も多いのでは?ところがどっこい!今年は久しぶりにたくさん雪道走りました。センターデフも変更し乗りやすい方向になってきました。リストリクターにも慣れてきました。どのみちランサーでは高回転を使わないので問題はなさそうです。雪もなくなってきたので、これからは舗装練習です!


2004/1/14

初雪道。
やっとこの冬まともに雪道を走ってきました。年末にも良い条件の日があったのですが、忙しい時期に無理を言って同級生のタケちゃんのガレージでリストリクターを付けてもらい、更に後輩しんちゃんの勤めるベストモータースポーツでECUの現車合わせをやってもらっていたので、年を越すまで走りに行けませんでした。
リストリクターをつけた時は噂通り5500rpmを超すと急に吹けなくなって落胆しましたが、その後現車合わせをしてもらうと、パワーの落ち込みも穏やかになり低回転のトルク感も以前より増し、かなり乗りやすくなりました。林道ではそれほど高回転まで引っ張れないのでタイムの落ち込みもそれほどではないかもしれません。
さぁ頑張って走らねば。


2003/12/18

チューブ交換。
結局マルナカタイヤで新しいチューブを購入。タイヤ交換はすぐに終了。無駄な抵抗はせずに、はじめから換えればよかった…。


2003/12/9

バイクのタイヤ交換。
冬の貴重な足であるDT200のタイヤをスパイクに交換しようとしたら。チューブのバルブが劣化していて折れて抜けてしまった…。接着剤とガムテープで補強してエアーを入れてみたけどやっぱり駄目だった…。新しいチューブを買えということだろうか。


2003/11/20

クラッチ交換。
カムガレージでクラッチを交換してもらいました。同時にVento'sの某氏のエボ6とミッションと交換をしてもらい、ATSからクスコのビスカスセンターデフになりました。随分とマイルドなフィーリングになり良い感じです。雪道が楽しみ!


2003/10/16

クラッチが…。
前回のラリーの激走??が祟ったのか、クラッチが滑りはじめたみたい。そういえばラリーのレッキ中も変な臭いしていたけれど、てっきり前走っている車のだと思っていました。冬前に換えないと…。


2003/10/6
スタートにて
表彰式にて

03MASC Jr.Rally。
ナビの田中師匠と行ってきました、03MASC Jr.Rally。初のTC方式のラリー!海外のラリーみたいでとても楽しかった!
コースのレイアウトは3本の林道を順走で3周。SS9本、SS総距離24kmと、Jr.シリーズとしては十分走れる設定でした。当然ながらレッキもあり、早朝からペースノート作りに励みました。
久しぶりの中部のラリー、もう顔見知りはいないかと思ったら大間違い。なんと新陳代謝のない業界なのだろうか…。弱いものイジメだ何のとブーイングに耐えながら午後8時のスタートを待ちました。TC方式のラリーは面倒なラリー区間の計算がなく、ナビの田中師匠もいつになくリラックスモード。
パルクフェルメを出ると15km程走りSS1へ。しかし、このSSでいきなり事件が…。SS1ゴール手前500mあたりで右リアタイヤから異音がしてきたのですが、そのままゴール。
すぐ続いているSS2に移動したのですが、移動区間では何も音がしなかったので、そのままSS2をスタート。しかしスタートから2つ目の左コーナーでいきなりハーフスピンしそうになり大慌て!その先も左コーナーになるとスピンしそうになるので、もしやパンク??と思いながらペースダウン。
リタイヤの文字が脳裏をかすめる。しかし前週、田中師匠にはわざわざペースノート練習にきてもらったし、私は安里の保育園の父親参観日をゴメンなさいしてきているわけだし簡単にリタイヤするわけにはいかない!
なるべくペースを落とさないようにSSを走りきる。ゴールのSSでオフィシャルが「ベストタイム」と言っている。思わず「えっ?」と聞き返す。パンクしたタイヤで走ってベスト?前のSSもベストだったので、まだトップじゃないの!とたんにやる気が出てきてタイヤ交換をはじめましたが、よく考えると持ってきた舗装タイヤは4本だけで全て装着済み。積んでいるスペアはラリータイヤ1本だけ。後ろ1本だけラリータイヤにするとどんな走りになるのだろう?でも代えないと車が動かせない…。時間もないので田中師匠と大汗かいてタイヤ交換。移動区間を走ってみると案外普通に走れることがわかりひと安心。
とりあえずSS3をスタート。左コーナーが曲がりやすくなっていていい感じ。ゴールするとまたもやベストタイム。な〜んだラリータイヤでも結構いけるんでないの。タイヤなんて着いていればなんでもいいんだ〜って感じで残るSSを走行。
終わってみると全SSベストでした。併催されたいた中部JAF戦と第1ステージは同じコースでしたが、パンクしたSS以外はほとんど負けていなかったので、錆び付いた走りも少しは通用するんだとひと安心。
今回のSS、低速で曲がりくねっていてあまり好きではないコースが多かったのですが、1箇所だけそこそこスピードがのる面白いところもありました。MASCといえば伊勢神と思っていたのですが…。昔の方がハイスピードでリスキーでスリル満点だったのにな〜。
でもモダンなTCラリーも楽しかった。ペースノートラリーはSS中二人で頑張っている感じがしていて実に楽しかった。来年も出たいな〜Jr.戦に…。


2003/9/29

ペースノート練習。
10月の某ラリーにむけて、田中師匠とペースノートの練習をしました。結論から言いますと、ペースノートって本当に役に立つのですね!走りやすくて驚きました。


2003/9/21

エアクリーナーボックス。
今年はもう1戦、10月に行われる某ラリーに田中師匠と出ようと計画しているのですが、そのラリーはエアクリーナーボックスは純正に限定の規定だそうです。私の車はサクションパイプ他すべて配管が換わっていてエアクリーナーも当然毒キノコがついています。幸い元々ついていた純正パーツは残っていたので、単に付け替えれば済むと思っていたのが大間違い!エアクリーナーボックスの場所がバッテリーと入れ代わっていたのだ。当然純正品がそのまま納まる訳がなく四苦八苦。さんざん苦戦したあげく横置きだったものを、縦置きにして収納に成功!リフォームの達人になれるかも?でも機能的には問題ないのかな〜。
早速試乗に行ったら、ブースト圧のピークはちょっと下がったけど、トルクが増した感じ。結構乗り易い。調子に乗って走り回っていたらタイヤボロボロ…。10月までもたないかも…。


2003/8/21

ランサーエボリューションモータースポーツマニュアル。
山海堂が発行しているランサーエボリューションモータースポーツマニュアルという500頁もある本を買った。いや、この書物は本ではない。なぜなら500頁もあるのに、読むべきところがほとんどないのである。内容のほとんどが難解な解説図で埋め尽くされており、素人の私には理解不能の内容である。つまりこの書物はディーラーに置いてある整備解説書そのものであり、ディーラー解説書との相違点は一般車についてではなく、ラリー車とはいかにして作るかが延々と記されているのである。このとんでもない解説書を一通り見終わった後ひとつだけ理解できた事がある。それはこの解説書が同書を監修しているタスカエンジニアリング(アドバンランサーを製作している)の社員の思い出アルバム、もしくは単に彼等が次に車を製作する時のための整備解説書であるということを。あくまで彼等の為の…。


2003/8/17

お盆やすみ。
例年と同じく川上さん、堀田さん、藤岡さんはじめ、今年はカムガレージの皆さんも遊びに来てくれました。3日間よく走りました。皆さんの気合いの入った走りにつられて私も走り込んでしまいました。だいぶ走りの勘が戻ってきたかな?最終日に堀田さんがコースアウトした他は大きなアクシデントなく終えることができました。めでたし、めでたし。


2003/7/28

はと車ラリー2003。

ダートのSS5
 
舗装ののSS7

今年も長野県シリーズ、はと車ラリーに田中師匠と参加しました。今年の大会設定は、昨年とほぼ同じで内容は昨年のレポートと同じになってしまうので省かせていただきますが、今回は朝から雨降り、更にコースの距離計測車がFFでラリー区間のコマ図距離のばらつきが大きく、田中ナビを大いに悩ませました。ダートラ場もぬたぬたで、舗装SSに合わせて6分山のタイヤを選択した私は少々諦めモードでしたが、他のみなさんのタイムが意外と伸びていないのでちょっと驚きました。今回は顔見知りも増え情報収集し上位陣のタイムを把握して走ることができたので、必要以上にリスクも犯さず優勝することができました。(う〜ん、大人になったね〜!)昔は全SSでベストを出さないと気がすまないっ!くらいの勢いで走っていたけど…。そのせいで随分と勝てるラリーを落としたものですよね、田中師匠!今年はSS賞も取ったので田中さんに昨年の恩返しができました。めでたし、めでたし!
リザルトはRTはと車のHPにて。


2003/7/7

ダート練習。
久し振りにダートを走り込みました。TEINのショックにも慣れてきたのかな?なんか、調子よくなってきました。やっぱりダートでも前に乗っていたエボ4より速いみたい。約1kmのセッティングコースでキロ1.5〜2秒位短縮。TEINのショック、伸び側&縮み側の両方とも調整できるので、頭が混乱してきてよくわからないぞ〜。でも慣れてきたから、まぁいいか!いろいろといじりながら、休みなく走ってしまった。ダートも楽しいね〜。


2003/6/22

MCSCハイランドアタックin鹿島槍
6月21日鹿島槍でヒルクライムアタックのイベントがありました。澤夫妻もユーノスロードスターで参加。コースは4.5kmの舗装林道を2回走行し、合計タイムで順位が決まります。タイムスケジュールが遅れたため、2本目のコースが3km弱に短縮されましたが、それでも昼間に林道を思いっきり走ることができて堪能しました。結果は、澤夫妻がクラス12位、私はなんとか優勝することができました。JAF公認競技ではないので、とてもおおらかで楽しい大会です。ヒストリックカーや外車のクラスもあります。来年も開催してくれるとの事なので、車好きの皆さん、是非一緒に参加しましょう!
リザルトはMCSCさんのHPに掲載されています。


2003/6/6

ターマック仕様。
アライメント調整、オイル交換、ウィングも付け舗装仕様のセッティングがほぼできあがりました。1km程のセッティングコースでも1.7秒縮まり運転手も車に慣れてきました。
そうそう、プラグコードを換えたらすごくトルクが太くなり乗りやすくなりました。今まで気にも止めていなかった部分なので驚きました。
これで6月21日に鹿島槍で行われるヒルクライムの車の準備は完了!問題は乗り手ですな〜。


2003/5/30

うれしいニュース!
我が心の師匠、アリ・バタネンが今年のWRCラリーフィンランドにプジョー206で出るんだって。嬉し〜!!


2003/5/26

羽をつけました。
リアウィングの無かった我がランサー。軽量化といったらそれまでだけど、どこかカッコ悪い。友人W君がエボ6用ウィングを見つけてきてくれました。重くなってもカッコ良さ重視!


2003/5/24

アライメント調整。
マルナカタイヤさんでランサーのホイールアライメントを見てもらいました。随分と走りやすくなり驚きました。


2003/5/11

ダートラ長野県シリーズ。
今年も野沢で行われたダートトライアル第2戦に出場しました。当然、優勝を狙っていたのですが結果は3位。要練習ですな〜。


2003/4/21

ダートラ池の平。
急遽出ることにした池の平シリーズ第1戦。チャンプ西村号の御利益にあやかって優勝することができました。これで苦手な池の平を克服できたかな?