2002/5/21〜2003/4/21
Back Number

2003/4/21

ダートラ池の平。
急遽出ることにした池の平シリーズ第1戦。チャンプ西村号の御利益にあやかって優勝することができました。これで苦手な池の平を克服できたかな?


2003/3/18

マフラー交換。
F岡氏に頂いたラリーアートのスポーツマフラーに交換しました。やっぱりいい音しています。パワーアップしたかはどうかは、鈍い私にはわかりません。あとはGTウィング付けて、シャコタンにしてヤンキー街道まっしぐら!んなわけないか…。


2003/3/17

カム・ガレージのHP開設。
私が浜松に住んでいたころから、駆け込み寺的にお世話になっていたカムガレージさんのホームページができました。社長の加茂さんは、ランサーエボ2から一気にエボ8に乗り換え現在車両製作中。中部ダートラチャンプ西村君を擁するチームVento'sの活動も充実です。初めての方も気軽に立ち寄れる雰囲気のお店です。
http://www.kaem-garage.com/


2003/2/24

近況。
全然更新していませんでしたが、1月中はだいぶ雪道を走ることができました。エボ6にも慣れてきて、ほぼ手足のように動くようになってきた気がします(本当??)。2月中はまとまった雪が降らず、ほとんど走れませんでした。ぼちぼちラリータイヤを用意して、砂利道に備えなくてはと思っています。
そういえば、川上さんに買ってきてもらったオサムファクトリー製のリアオーバーフェンダープロテクターを装着しましたが、カーボン製で結構格好良いです!他にもラリーコンピューター、消火器等々春までに付けなくてはいけないものが多くて、何から始めようかな…。来月、車検通してからかな?


2003/1/6

初走り。
今年の初走りは1月3日。その翌日&翌々日も行き3日連チャン。今日も行くといったらヤキはいるよな〜、やっぱり。ここ数日間降雪量は多かったのだけど、気温が高く湿った雪ばかりで舗装の表面に氷の膜ができなくて、走るとすぐに舗装の路面が出てきてしまって…ちょっと消化不良。それでも走っていたせいで、今シーズン新調したスタッドレス(ダンロップSP56R)表サイプむ開いたりしれかかってしまいました。そのため、タイヤの排雪性能がガタ落ち。でも前後のタイヤをローテーションしたので今日も頑張って走るぞ〜。あれれ、久し振りの日差しで道路の雪が溶けてる…。


2002/12/26

クリスマス寒波。
今年もクリスマス寒波が襲来。昨晩は低気圧の通過で湿った雪が積っていました。早速走りにいきましたが、タイヤハウスの中が雪で一杯になってしまいハンドルの切れ角が45°位になってしまい、2〜3回ささりそうになってしまいました。でも新しい車のサスペンションのセッティングも決まり、とても走りやすくなりました。TEINのサス、Goodです。


2002/12/14

ニューマシン。
ついにニューマシンを入手しました。いつもお世話になっている浜松「カム・ガレージ」の若き(もう若くないかな?)エース、西村浩一君のエボ6TMを譲ってもらいました。西村君は今年の中部地区ダートトライアルチャンプ。私はここまでちゃんと作られている車に乗るのは初めて。チャンプカーに恥じないよう、ひと足早い雪道で特訓中です。


2002/10/12

全日本ラリー最終戦。
全日本ラリー選手権の最終戦ハイランドマスターズは、岐阜高山周辺で行われました。川上/藤岡組と堀田さんが出場したので応援(野次馬に)に行きました(サービスだけ)。この日は我家もちょっと忙しかったので、午後8時頃白馬を出ようと思ったのですが、夕方5時30分頃藤岡さんの着信履歴で電話が…。まさか、もうリタイア???電話を取ると、予感的中!「ランサーの部品取りいらない?」と川上さん。なんか数年前とおんなじパターン。私は俄然行く気満々になり、高山まで廃車を見に行きました。クルーに怪我はなくなによりでした。堀田さん全日本ラリー参戦に一区切りつけるべく激走&激走で満身創痍になりながら、無事完走!川上さんも堀田さんも早くラリーに復帰して下さいね!


2002/8/19

いい感じ。
この夏も川上さん、堀田さんが来てくれて一緒に林道練習をすることができました。やっぱり現役で走っている皆さんと走ると、いつも目的無く走っている自分としては、とても良い刺激になるので、毎年夏と冬が楽しみです。7月末に出たラリーで、どうも切れの悪い走りをしてしまい、もやもやとしたわだかまりが残っていたのですが、3日間一緒に走っているうちに、だんだん走りのリズムを思い出してきました。高速コーナーへの進入に迷いが消えてきた事と、上手に走った時と失敗したときのタイムが、自分の予想に近くなってきたのが大きな収穫でした。やっぱり、練習あるのみ!ですね。
でも、今シーズンはもう大会参戦の予定はありません。来年は何に出ようかな?


2002/8/3

8年振りにラリー出場!
1994年にラリーから足を洗って8年の歳月がたちました。近ごろ一緒に練習させてもらっているマルナカタイヤのわる〜いお友達、内藤孝君に誘われて長野県シリーズ第3戦はと車ラリーに出場してきました。ナビは天才?田中久夫氏。田中さんとはラリーをはじめたときからのコンビで、それ程長い期間活動していたわけではありませんが、ラリーで苦楽を共にした(苦の方がおおかったかな?)長〜いおつきあいです。
CJミラージュに乗る孝君とナビの智子ちゃんはラリーデビュー戦。
今回選んだラリーはデイラリーにも関わらず、舗装やダートの林道を走らせてくれるという、主催者の勇気あるイベントです。
ラリー前週、ナビ田中氏は今まで練習をしようなんて一言も言ったことない方なのに、8年のブランクがプレッシャーなのか、白馬まで来て私の作ったコマ図でラリコン操作の練習。私はタイヤがもったいなくて5月のダートラ以来練習無し。さすがにこのままではいけないと思い、大会3日前に林道で最終チェック。
大会当日、妙に新鮮な気持ちで、久々のラリーの受付、車検、ドライバーズミーティングを受け、いざスタートへ。完全なデイラリーで、1号車スタートは午前10時01分。実績のない我々は10番目のスタート。暑い野沢の空気を吸いながらODへ。
ODを過ぎたらいよいよ本格的なラリーのはじまりです。指示速度は40km/h。数年前、奥志賀林道は県道になったので、まさか昼間の県道にCPはないと思っていたら、ありました1CPが…。危うく先行しすぎるところでしたが、なんとかオンタイムでチェックイン。ああ懐かしい笛の音…。チェックカードの通過時刻を確認したら、10秒の誤差を発見。田中ナビは車を降りて慌ててオフィシャルカーへ抗議。オフィシャルの時計が狂っているとの説明を受けましたが、下車時にインカムのコードで首を吊りそうになった田中ナビは釈然としない様子。このCPは結果0減点。とりあえずSS1へ。
SS1はモーターランド野沢でダートトライアル約1.3km。5月のダートラの時より低速のコースレイアウトでした。コーナー外側の浮き砂利にのせて振り回して走ったら、車が横を向くだけで全然前に進まない!遊びすぎでトップから3秒落ち。気を取り直して2CPへ
2CPはダートのハイアベで指示速度は52km/h。でも多少先行しても良さそうな設定だったので、タイヤを空転させないように約20秒先行で走行。タイヤの空転を考えて約10秒先行で2CPにイン。結果2秒早着。
3CPは通過予定時刻の申告CP。田中ナビは難なくこなしSS2へ。
SS2はモーターランドへ上る舗装1.5km/h。舗装を走るのは何年振りだろう。案の定ヘアピン2ヶ所で目一杯外側へ大回り。ラリータイヤって曲がらなかったのね〜。1.5km/hしかなかったのに3秒落ち。続いてSS3へ。
SS3はSS1と同じモーターランドでダートラ。今度は、田中ナビにせこいと笑われながらハードな路面を選んで走行。ショボイ走りでしたがベストタイム。な〜んだ、1本目もこうすればよかった。
SS3直後のサービスではRCゼファーの皆さんの激励を受けSS4へ。孝君も無事に前半戦を終え一安心。
SS4は、モーターランドでSS1&SS3の逆走。再びせこい走りに徹し、ベストタイム。通過予定時刻申告の4CPを挟んで、いよいよお楽しみの林道SS5。ナビのお仕事はこの4CPでおしまい。田中ナビはお気楽モード。
SS5はダート林道上り2.4km。前。のインフォメーションでは直線の長いハイスピードダートという事だったので、とても楽しみにしていました。でもスタートしてみたら、結構狭い道でヘアピンの連続だったので、ちょっと期待外れ…。それでもとりあえずベストタイム獲得。
SS6はプールしてSS5の逆走。楽しみな下りだったけど、ヘアピンばっかりで今一つ消化不良。ここもとりあえずベストタイム。ここで、ライバルとなるクルーとタイム比較したところ、前半の6秒遅れを挽回してSSトータルは同秒みたい。
でも最終SS7は、マレットゴルフ場内を走る急な上りの舗装3.0km。さらに中間辺りに「魔の右コーナー」とやらがあるらしく、我が老体エボ4には少々つらそう。でもスタートにつくと、ギャラリーのちらほら見え気合いが入ってきます。しかし目を凝らしてよ〜く見ると、ギャラリーではなくマレットゴルフを楽しむおじいちゃん達。スタートのカウントダウンに合わせてエンジンの轟音を轟かせている中、おじいちゃんたちの冷静なパッティング。丸山茂樹も真っ青の集中力です。耳が遠かったのかなぁ?そんな光景を見ながら最終SSをスタート。走り出すと本物のギャラリーもいて気合いが入ります。ぼちぼち「魔の右コーナー」はまだか〜と思っていると、突然目の前から道が消滅!「あっ」と声を出す間もなく草むらに一直線。これが「魔の右コーナー」か〜。草むらを整地し、もがきながらコース復帰。車は何ともなかったみたいで再び全開走行。だんだん勾配がきつくなって、車のパワーダウンを感じながらなんとかゴールラインをきりましたが、ストップした途端にエンジンから白煙が!オーバーヒート寸前でラジエターから水が吹きだしています。横では田中ナビの「無事に帰れるんかい?」と冷静な指摘。ボンネット開けて冷やしたら水温が下がってきたので、知らん顔してゴール会場へ。
最終SSは2秒落ちの2番時計だったので、SSトータルは2位のはず。まぁ8年振りにしては上出来でしょうと話ながらゆっくり温泉に入り、モーターランドの砂埃を落とし、お風呂を上がると暫定結果が。なんとSSトップのクルーが、なんでもない1CPで5点の減点をくらっています。田中ナビはパーフェクトな0減点!総合順位もなんと優勝!な〜んかすごく得した気分。昔たくさんの方々に優勝を譲ってきた(私がリタイアしたせいで)善意?が報われたみたいです。
孝君も初ラリーを7位で完走!表彰目前で本人は悔しかったみたいですが、ドラ&ナビ共に良く頑張りました。
今回は田中ナビの頑張りで優勝できましたので、次のラリーに出るまでの1年間は彼の「大きな態度」収まらないでしょう。運転手は今回勝負走りが出せず要反省です。これがブランクなんだと実感しました。まじめに練習して感覚をとりもどせねば!
とはいえ、やっぱりラリーは面白い!ナビの手配や準備も大変だけど、それだけの価値はあります。興味のある方、是非チャレンジしてみてください。
ラリーチームはと車のHPにもレポートが出ています。


2002/5/26

ダートトライアルに参加。
野沢温泉で行われた、 長野県ダートトライアルチャンピオンシリーズの第3戦に参加してきました。ダートトライアルは未舗装のサーキットコースで、タイムを競い合う競技で、ラリーで使われるような車で走ります。久々の競技会で少々緊張しましたが、オーバーホールしたショックアブソーバーがとても具合良く、そこそこの走りができクラス2位に入賞することができました。野沢のコースはアクセルを踏んでタイムをだせるコースみたいなので、なかなか面白かったですよ!


2002/5/21

オーリンズをオーバーホール!
雪も解け、いよいよ林道で走れる季節がやってきました。早速ラリータイヤに履替え走り出したのですが、なんか真っすぐはしれない…。なんとなしにリアのショックアブソーバーに目をやったところ、スプリングの辺りにオイルがベッタリ。そういえば、3年間ほいったらかしにしていたことを思い出し、早速浜松のふらっとにオーバーホールのお願いを。一週間ほどでショックが戻ってきたのですが、あまりの違い(良さに)にびっくり!やっぱり毎日使っていると、消耗に気づかないものですね。というわけで、今年も頑張って走りましょう!